散策中に聞いたドイツのわんちゃん事情にびっくりした

聖堂の天井
名前を覚えていないトリアーの大聖堂にて。

トリアーの町中を散策していると、大聖堂が多くある。四国のお遍路と同じように、聖堂?教会?を回る巡礼路があるらしい。トリアーはその巡礼路になっている。
教会内のステンドグラスは、聖書の物語を表しているというから、この天井にある彫刻も聖書のお話から引用している光景にちがいない。

聖堂の入り口

聖堂の入り口にも、綺麗な装飾や像が飾られていた。両脇に立つ像は理解できるけど、アーチ状になっている入り口の上部にまで天使を配置するのは、ちょっと天使が苦しそうじゃない?

かっこよさと怖さ

ラベルにみえるかっこいい部分は良い。ただ、まどの部分についている顔は怖くないかい?
ましてや、深夜にこの前を通って・・・目が光っていたら・・・100%悲鳴をあげる自信がある!

散策日和

素敵なトリアーの街を散策しているとき、かわいいわんちゃんの散歩をしている人とすれ違った。そのとき、ボランティアのガイドさんから聞いた『ドイツのわんちゃん事情』にびっくり。

ガイド:『ドイツでは、わんちゃんの散歩のときにした”うんち”はそのままでOKです』
私:『えっ!飼い主は持ち帰らなくていいの?放置されたままの”うんち”は、どうするの?』
ガイドさん:『市の職員が、うんち清掃してます。』
私:『市の職員で、わんちゃんのうんち掃除係りがあるの?』
ガイドさん:『そうです。なぜなら、わんちゃんには税金がかかってます。』

うんちをそのままにしていてOKなのにもびっくりしたけれど、わんちゃんに税金がかかっているのもびっくり。
ドイツなら私でもわんちゃんを飼うことが出来そうだ。でも、本当なのかな?

二日目のお話
宿泊ホテルのメルキュールホテル
ポルタニグラ 黒の門
トリアーの広場は素敵な場所だった
・散策中に聞いたドイツのわんちゃん事情にびっくりした ←←現在読んでいる記事
トリアー市議会場にて(ワインを呑みながら)市長さんの話を聞く
トリアーの人気料理店で感じた、素敵なこと
ライン川下りで、忘れていた安らぎ方を思い出した
ドイツの星座占いは、しし座から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>