ライン川下りで、忘れていた安らぎ方を思い出した

不思議な水路
ライン川下りの乗船場までの移動中に見た風景。不思議な水路と、窓には花が飾ってある民家。おとぎ話のような風景でした。

午後の予定は、ライン川下りのみ。時間つぶしに船に乗るだけでしょ?と思っていたので、大きな期待はしていなかった。
それは大きな間違いだった。友好都市の使者として参加しているツアーなのだから、トリアーのすばらしい場所、美味しい食べ物を厳選して盛り込んであるツアーだと忘れていました。

川を渡る風が気持ち良いデッキ

客船は、2階がデッキ、1階が室内展望になっていた。天気も良かったので、デッキに出てみると、すごく気持ちが良い。
太陽の日差しがポッカポカで、川を渡る風がほどよいのだ。ここで、ぼ~っとしていると時間を忘れてしまう。船は多くもなく、少なくもない、ほどよい人数の乗客数。楽しみ方をわかっているから、好きな飲み物を呑みながら、ゆっくりと流れる景色にゆだねて、誰もが気持ちよさそうにしているのだ。私もボスと一緒にパチリ!

川沿いの風景がほのぼの

川沿いの土手には、サイクリング、散歩、ジョギングなどを楽しんでいる方が見えた。所々には、川に向かってベンチがあり、子供連れの家族が遊んでいたり、自転車の練習をしていたりした。ちっちゃい子供が全身で船に向かって手を振ってくれる、幸せな気持ちに満たされちゃいました。自然の中でゆったりとするのが、一番の安らぎなんだなと思いだした。トリアーのライン川下りは、素敵なアトラクションでした。

船舶の守り神

橋では、神様が船舶の安全を見守っていた。洋風の像だからすてきだけど、日本だったらお地蔵さんになるのかな?それだとちょっと似合わないよね。

二日目のお話
宿泊ホテルのメルキュールホテル
ポルタニグラ 黒の門
トリアーの広場は素敵な場所だった
散策中に聞いたドイツのわんちゃん事情にびっくりした
トリアー市議会場にて(ワインを呑みながら)市長さんの話を聞く
トリアーの人気料理店で感じた、素敵なこと
・ライン川下りで、忘れていた安らぎ方を思い出した ←←現在読んでいる記事
ドイツの星座占いは、しし座から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>