トリアーでのワインはモーゼルワイン

昔は、こうしてワインを出荷していた

昔は、気の箱にワラを敷いたりしてワインを出荷していたらしい。荒れた道を馬車で輸送するのだから、それでもガラス瓶が割れたりしたのだろう。
トリアーで生産されるワインはモーゼルワインと呼ばれている。日本ではあまり聞かないワインかもしれないが、ドラマにもなった漫画の『ソムリエ』では、第一話がモーゼルワインから始まる。知る人は知る名産地なのかもしれない。

ワインのブドウ畑は、広大な畑にブドウの木が広がっているフランスの風景を思い出す。しかし、モーゼルワインに使われるブドウはライン川沿いの急斜面に植えている。水はけもよく、日当たりも良い。
機械が入らないので、人の手による栽培。日本における棚田のお米と同じ感覚なのだ。

各種ぶどう切りハサミ

人の手でしか収穫できない場所なので、必需品のハサミには色々な形状がある。

ライン川沿いのモーゼルワイン生産一覧

渓谷をうねるように流れるライン川沿いに点在するワイン農家、ワイン生産の地図。日本でいえば、日本酒の酒蔵MAPのようなもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>