中庭散策で疲れた体に、ローストビーフのタルタルソース添えが旨かった

緑の中でポーズ

資料館には、素敵な庭があった。ボスはテンションがあがり、色々な場所で『私を撮って!』と言ってきた。数歩離れてパチリと写真を撮っているうちは良かったが、要求がエスカレートしていき、遠くから『森にたたずむ美女のように!』と言われ、遠くまで行ってパチリ。
戻ってくると、今度は向こう側からと・・・良い運動になった。

独日協会の方が数名ボランティアガイドをしてくれていた。庭園の中でプラムの木があり、木には多くの実が付いていて、地面にも多く落ちていた。
ボランティア:『ここのプラムは甘くておいしいんだ。特に地面に落ちているのがウマイ!』
私:『本当?』
私は地面に落ちているプラムを口に入れるのに抵抗があったので、木についているプラムを取ろうとすると・・・
ボランティア:『いやいや!そっちじゃない!これだよ!』
と、地面に落ちたプラムを手に取って私に渡してきた。
私:『・・・』

ボランティア:『ほら食べてみろ!ウマイんだって!』
と言いながら、実際に食べて見せた。どうやら、地面に落ちている実がおいしいっていうのはボケでもジョークでもないらしい。ここまで言われたら食べないわけにはいかない。覚悟を決めて食べた。
私:『おいしい!』
今までのプラムは酸っぱいさがつよいだけで、美味しいプラムにはなかなか出会う事はなかったが、この地面に落ちたプラムはすごくおいしいのだ!
ボランティア:『言ったとおりだっただろ♪』
とボランティアは嬉しそうに言った。

そのやり取りを見ていたボス達は、我先に地面に落ちている、出来るだけ綺麗なプラムを選んで食べ始めたのはいうまでもない。木から落ちたばかりの果実がおいしいのは知っていたつもりだけど、実際に口に入れるのは勇気がいるもんだ。
違う文化の外国人には、実際に食べる姿を見せるのが、わかりやすい説明の仕方なんだと思った。

休憩中

散策後、レストランでのお昼タイムまで少し時間があったので、一休み。
このとき使っているウエストポーチが8年後の今でも使っている。大容量で便利なのだ。

ローストビーフ

このローストビーフに、ちょっとゆるいタルタルソースがすっごく旨かった。日本だとローストビーフにはさっぱりとしたソースばかりだよね。
出来るだけお肉の味をじゃましないようにって理由なんだと思う。でも、タルタルソースとローストビーフはベストマッチだよ!ローストビーフの上にタルタルソースを乗せてローストビーフでくるんてパクリ!
日本でも定番になればいいのにな~ 絶対に日本人好みだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>