魅惑のチーズ屋さん

日本では見たことの無い移動式チーズ屋さんを広場で発見!クセが少なくて日本では食べれないような珍しいチーズを食べてみたかったのだが・・・  >>

カエルさん

公園を散策していたら、色々な芸術作品が展示されていた。特に気に入ったのは、このカエルではなく・・・  >>

ローマ式の〇〇

この遺跡はローマ時代のものらしい。コロシアム?城壁?何の建物だったと思います?正解は・・・  >>

ビール&ソーセージ!

ドイツといえば、ビール&ソーセージ!腹ペコ状態でビールを呑みながら、ソーセージにかぶりつくのは格別です。その至福の時間を楽しむにはドイツのある洗礼を受けなければならないのでした・・・  >>

ドイツ式クジ

日本でも縁日では必ず有るクジ屋さん。クジを1つ買って、書いてある番号によって景品がもらえる。しかしドイツ式のクジは違った・・・  >>

 

散策中に聞いたドイツのわんちゃん事情にびっくりした

聖堂の天井
名前を覚えていないトリアーの大聖堂にて。

トリアーの町中を散策していると、大聖堂が多くある。四国のお遍路と同じように、聖堂?教会?を回る巡礼路があるらしい。トリアーはその巡礼路になっている。
教会内のステンドグラスは、聖書の物語を表しているというから、この天井にある彫刻も聖書のお話から引用している光景にちがいない。

トリアーの広場は素敵な場所だった

広場の花屋さん

ポルタニグラの見学を終え、トリアーの広場に到着。広場には露天が出ていて、『私の見たかったヨーロッパの風景』があった。
花屋さんも、どこか日本とは違って見えて素敵に感じる。右端にある水色のバラが綺麗だった。

他にも広場には、素敵な風景がたっぷり!

ポルタニグラ 黒の門

ポルタニグラ

午前中はトリアーの街を散策しながら市庁舎まで行き、市庁舎の議会場にてトリアー市長と対談(私たちは後ろの方で見てるだけ)。
最初のチェックポイントはポルタニグラ。黒の門と言われるトリアーのシンボル。
ボスはこの場所に来るのは2度目。前回は文化交流として招かれて、ポルタニグラの前で、琴の演奏を披露したそうだ。

宿泊ホテルのメルキュールホテル

メルキュールホテル トリアー

昨日チェックインしたホテル、メルキュールホテル。円形の敷地になっているオシャレなホテルなんです。
ホテルのロビーには、無料でインターネットが出来るようにパソコンが置いてあったりして、便利。

一日目

一日目 8月17日(火)
新潟空港を出発して、インチョン空港を経由し、ドイツのフランクフルトまで空路。
フランクフルトからトリアーまでバスで移動。移動のみです。

インチョン空港での時差事件、世界最高峰の機内食、衝撃のリプトンティーなどなど
初日からやらかしてます!

一日目のお話
出発の朝
新潟空港でツアーに合流
インチョン空港到着
フランクフルトに向けて空の旅
機内での誤算と勉強
ホテルで人生一番の飲み物を口にした

ホテルで人生一番の飲み物を口にした

今日の夕食

入国審査も無事パスして、3時間ほどバスに揺られてフランクフルトからトリアーのホテルに着いた。バスの中で添乗員さんから意外な言葉を聞く。
添乗員:『ホテルについても食事は無く、今晩はそのまま寝ます。おなかがすいている人は、途中休憩に寄るサービスエリアで軽食を買ってください。』
∑(‘◇’*)エェッ!? おいしい夕食は?晩餐会は?

機内での誤算と勉強

窓の外の景色

私の座席は窓際。大当たり!
良い子の私は、窓際の席を独り占めなんかしません。同じツアーの人と並びだったので、交互に窓の外を楽しみました。

フランクフルトに向けて空の旅

機内食
機内食も楽しみだけど、飲み放題のアルコールの方が楽しみな私。

私は、調べた事を確認していく旅が好きだと、以前書いた。機内での楽しみ方もチェック済。上映される映画が『シュレック2』だとわかっていたので、1作目を見てきた。機内食も『大韓航空で提供されるビビンパがマーキュリー賞(機内食最高峰の賞)を受賞』と知っていたので、迷わずビビンパを選択した。
世界最高方の機内食。ビビンバの写真は・・・

インチョン空港到着

yahoo!のネットカフェ
ネットをさわれる場所が有るなんて、2004年は珍しかったんだよ。
さすがネット先進国の韓国!

インチョン空港に到着。ここで私は、この旅で初めての失敗をするのであった。

新潟空港でツアーに合流

サンドイッチを食べるおばさん
私も想定していなかった。この後すぐに機内食が出るとは・・・

新潟空港には早く着き、ドカベンや犬夜叉の看板がみまもるロビーでツアーのバスが来るのを待っていた。予定通りに長岡からのツアーバスは到着。
おばさんも朝早くの集合だったのに、元気でよかった。
カウンターで荷物を預けてから空港内の一室に入り、ツアーメンバーの自己紹介や注意などを聞いた。