2013年05月13日

スーパーの飽和

新潟市に昔から有るスーパーが倒産した。

そのスーパーで買い物したことは、たぶん一度も無い。でも、年に数回は通っていたのだ。

スーパーの駐車場に、コイン精米所があるから、我が家ではお米がなくなると、そこで玄米をすっていた。

 

先月だったかな?おこめをすりに行くと、駐車場に車が一台もおらず、スーパーも真っ暗。

『あれ?店舗の改装なのかな?』ぐらいにしか思っていなかったのに、まさか倒産しちゃうとは・・・

 

高校の時、そこのスーパーで売っているお惣菜『カニクリームコロッケ』がお弁当にはいっていると、めっちゃテンションがあがる友達がいたのを思い出した。きっと、がっかりしているだろう。私も、大好きだった『銀だらの浜焼き』が売っているお魚屋さんが閉店したときは、ものすごくショックだったもん。

 

新聞の記事では、『新潟市内のスーパーは飽和状態』らしい。既存のスーパーが有る中に、大手チェーン店が参入してくれば、住民に必要な食品より売られている食品の方が何倍も多く陳列されていることになる。私なんかは、『夕方の値引きタイムが狙いやすくなるじゃん!』と喜んじゃうけれど、お店側は大変なんだよね。

 

私もスーパーの青果と精肉でバイトしていた事がある。夕方の値引きシールを任されても居た。どれだけ値引きシールを張らないかが社員の腕の見せ所だった。そういえば、私がバイトしていたお店では、大きな声をだして、当日の特売品名と値段を連呼しながら商品出しをしているのが当たり前だったけれど、新潟市内のスーパーでは、そんな光景を見ない。なぜだろう?もしかしたら、そんなところが、スーパーが生き残るポイントだったりしてね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pleasant-time.com/mtos/mt-tb.cgi/364

コメントする

このページの先頭へ

ニッセン

レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あわせて読みたい

リカちゃん電報
差が付く電報。リカちゃん電報。

サファリガーデン
簡単箱庭キット、サファリガーデン
 仙台利久の牛タン
仙台の牛タンを食べて復興応援

100Kg乗っても大丈夫 キャリーバッグ
100Kg乗っても大丈夫なキャリーバッグ

新型コロコロ リファPRO
最新コロコロ リファPRO